デリケート肌 化粧水

MENU

デリケート肌になった!と思ったら気を付けるべきこととは?

デリケート肌になった!と思ったら、どんなことに気をつければよいでしょうか?ポイントをまとめてご紹介します。

デリケート肌になってしまったら…スキンケアのやりすぎはダメ!

スキンケア時にヒリヒリしたり、肌がカサカサ乾燥して皮むけしたり…。
いつもはできないニキビができてしまったり…。

 

デリケート肌になってしまったと感じるとお肌を回復させようと思い、いつもよりお手入れを頑張ってしまいがちですよね。

 

でもそれは間違いなんです!

 

デリケート肌になった!と思ったらスキンケアのやりすぎは禁物。洗顔時やスキンケア時の摩擦刺激が肌に伝わって、肌の乾燥や荒れをひどくしてしまうんです。

 

そのため、デリケート肌になってしまった時はシンプルなスキンケア(化粧水+乳液orクリーム)に留めるのがおすすめです。

 

いつもお使いの化粧品が刺激になる時は思い切ってスキンケアやメイクをお休みするのも一つの方法。

 

そうすることで肌のバリア機能が徐々に改善してデリケート肌を落ち着かせることができます。

特にこれに気をつけて!デリケート肌が避けたい化粧品の成分とは?

デリケート肌になってしまったらいつも使っている化粧品も合わなくなってしまうことがあります。

 

肌がデリケートな時には以下のような成分が配合された化粧品は避けた方が無難ですよ。

アルコール

化粧水などに配合されることも多く、清涼感を与えてくれる成分でもありますが、デリケート肌には適しません。肌への刺激となるし、水分を奪って蒸発する作用もあるので注意しましょう。

PG

PGは「プロピレングリコール」の略です。PGは保湿剤として広く使用されている成分ですが、刺激性があるとされておりデリケート肌には適しません。

 

デリケート肌の保湿にはヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含むものを選びましょう。

アンチエイジング成分(レチノールなど)

アンチエイジング成分の中にはレチノールのように刺激性が高いものもあります。

 

積極的なアンチエイジングケアは肌がデリケートになっている時にはお休みしましょう。

美白成分(ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなど)

美白成分もデリケート肌にとっては刺激となる恐れがあります。特にビタミンCは肌のバリア機能が弱っている時には肌荒れの原因となってしまうこともあるので注意が必要です。

 

美白ケアもデリケート肌が落ち着くまでお休みしましょう。

デリケート肌のスキンケアはシンプルに!

デリケート肌になった!と思ったらとにかくシンプルケアに徹することを心がけましょう。

 

肌が何も受け付けなくなったらワセリンを薄く塗るだけでもOKです。

 

肌にはもともと備わったバリア機能や回復機能があります。肌の力をサポートすることを意識して
デリケート肌のケアをしていきましょう!

 

デリケート肌におすすめの化粧水総合ランキングに戻る!