デリケート肌 化粧水

MENU

デリケート肌にアルコール入りの化粧水・化粧品がおすすめでないわけ

アルコールは化粧品にはよく含まれますが、デリケート肌にはおすすめできません。

 

ここではなぜアルコール入りの化粧品がデリケート肌におすすめではないのかご紹介します。

アルコールはそもそもなぜ化粧水・化粧品に配合されるの?

アルコールは化粧水・化粧品によく配合される成分です。アルコールには殺菌作用や防腐作用があり、化粧水や化粧品に配合することで腐敗を防ぐ効果があるのです。

 

また、アルコールが揮発することにより肌に清涼感を与えられるため、さっぱりタイプの化粧水などに多く配合されたりします。

アルコール入りの化粧水・化粧品はなぜデリケート肌に悪いの?

前述の通り、アルコールには揮発性があります。アルコール入りの化粧水・化粧品を肌につけることで肌の水分も一緒に巻き込んで揮発してしまうんです

 

デリケート肌はただでさえ健康な肌より水分量が少ないので、アルコールにより水分が奪われることで状態が悪くなってしまうんです。

 

特に、アルコールが高濃度で配合された化粧水・化粧品には要注意!デリケート肌にとって刺激になってしまいますよ。

アルコール入りの化粧水・化粧品の見分け方はこれ!

アルコールがお使いの化粧水・化粧品に高濃度で配合されているかどうかは成分表を見ると分かります。化粧品の成分表は本体裏面や外箱に記載されています。

 

成分表は配合されている量が多い順番で記載されています。成分表の最初の方に『エタノール』という表記があればデリケート肌の方は注意したほうが良いでしょう。

 

また、防腐剤として使用される『フェノキシエタノール』も要チェックです。こちらもエタノールと同様、揮発性があるためデリケート肌に優しい成分とは言えません。

 

アルコールには化粧品に配合することで様々なメリットがあり、決して悪者というわけではないのですが、デリケート肌の方にはおすすめできないと言えるでしょう。

 

できれば、アルコール(エタノール)フリーの化粧水や化粧品でスキンケアをすることを意識してみてくださいね。

 

デリケート肌をやさしく潤す化粧水ランキングに戻る!