デリケート肌 化粧水

MENU

デリケート肌に化粧水を使わずワセリンのスキンケアで改善効果ある?

ワセリンをスキンケアに使う方も多いですね。

 

デリケート肌に、化粧水を使わずにワセリンだけでケアすることは効果があるのでしょうか?

何も受け付けなくなったデリケート肌の保湿にワセリンを!

デリケート肌にとっては毎日のスキンケアでさえ刺激になってしまいます。化粧水や乳液、クリームなど、普段使っているものでも急に受け付けなくなってしまうこともあります。

 

そんなデリケート肌には『ワセリン』がおすすめです。

 

ワセリンはデリケート肌や乾燥肌対策として皮膚科でも処方される保湿剤。角質層に浸透せず、肌表面に膜を作って肌を守ってくれるため、デリケート肌の保湿に適しているんです。

 

ワセリン自体に美容効果があるわけではありませんが、一時的に化粧水や美容液などをお休みしてワセリンのシンプルケアに切り替えることで、肌の炎症を和らげ、デリケートケアを改善できる…というわけなんですね。

ワセリン使用時の注意点とは?使い続けても大丈夫?

化粧水を使わないワセリンのみのスキンケアは肌が極限まで弱ってしまった場合にはデリケート肌の改善効果が高いです。

 

ですが、使用には注意点があります。

 

まずは、つけすぎないということ。ワセリンを付け過ぎると肌がベタベタしてホコリや髪の毛がくっつきやすくなってしまいます。それがデリケート肌には刺激となってしまうので使用量には注意しましょう。

 

ワセリンは保湿力が高いので米粒ほどの量でOKなのです。

 

また、刺激性が低いワセリンでも肌に合わなかった…という方は少なからずいるようです。白色ワセリンのみのケアでも刺激を感じるようなら、プロペドやサンホワイトという、より純度の高いワセリンを使用するのも選択肢のひとつです。

 

化粧水を使わずワセリンのみのケアは確かにデリケート肌の改善効果があるのですが、ワセリンにはこれといった美容効果はありません。また、油性の成分なのでニキビの原因となってしまうこともあります。

 

デリケート肌がある程度落ち着いたら化粧水や乳液、クリームなどの通常のお手入れに戻して良いでしょう。

 

ワセリンのみのスキンケアはあくまでも緊急時の対処法として覚えておくと良いですね。

 

これなら大丈夫かも?!デリケート肌の化粧水ランキング!