デリケート肌 化粧水

MENU

デリケート肌の赤味の原因は?赤みが起こりにくい化粧水・化粧品て?

デリケート肌では赤みが気になる人も多いですね。

 

この赤味の原因を知り、赤みが起こりにくい化粧水・化粧品を探してみましょう。

デリケート肌の赤味の原因とは?

外部刺激

デリケート肌は、自分で思っている以上に刺激に弱くなっているもの。紫外線やホコリ、風でさえもデリケート肌にとっては刺激となります。

 

そういった外部刺激にさらされることで肌が炎症を起こし、赤味が出てしまうことがあります。

慢性的な炎症

デリケート肌は水分や油分が著しく減少し、バリア機能が弱まった状態です。

 

外部刺激やスキンケアにより肌に炎症が起こった状態が長期間続くと、肌の赤味が慢性化してしまうことがあります。

 

肌に炎症が起こると毛細血管が広がり、血流を良くして炎症を早く治そうとします。

 

その状態が繰り返されることで血管の拡張が元に戻りづらくなり、顔がほてったように赤くなってしまうんです。

デリケート肌の赤味が起こりにくい化粧水・化粧品はこう選ぶ!

デリケート肌の赤味を治すためには、正しいスキンケアで肌のバリア機能を高めていくことが大切です。そのためには化粧水・化粧品選びがとても大事!

 

合わない化粧水・化粧品を使い続けると慢性的な赤味を招いてしまうため、低刺激な化粧水・化粧品を選んで赤味を改善していきましょう。

 

具体的には、こんな化粧水・化粧品を選ぶと赤味が起こりにくいですよ。

弱酸性の化粧水・化粧品

肌のpH値と同じ弱酸性の化粧水・化粧品はデリケート肌への負担が少なく、赤味の原因となりにくいです。

ノンアルコールの化粧水・化粧品

刺激性の高いアルコールはデリケート肌の負担となってしまいます。ノンアルコールの化粧水・化粧品は赤味が起こりにくいです。

抗炎症作用のある成分入りの化粧水・化粧品

アラントインやアロエベラエキスなど、抗炎症作用のある化粧品を使用することで赤味を予防、改善することができます。

防腐剤無添加の化粧水・化粧品

デリケート肌の方の中には、防腐剤に反応して赤味やかゆみが出てしまう人も多いです。防腐剤無添加の化粧水・化粧品に替えることで赤味を防ぐことができる場合があります。

 

 

デリケート肌の赤味の原因であるバリア機能の低下や毛細血管の拡張は、正しいスキンケア(保湿ケア)で肌の乾燥を改善することで徐々に良くなっていきます。

 

上記のポイントを押さえた化粧水・化粧品で保湿ケアして、デリケート肌の赤味を改善していきましょう♪

 

デリケート肌にこそおすすめの化粧品ランキングへGO!